ブログアフィリエイトはオワコンなのか?自分の商品を売るために必要なことは何か考えた

スポンサーリンク

ブログアフィリエイトは、PCとインターネット回線があれば、気軽に取り組めるビジネスです。

GoogleやYahooの広告に出稿せず、検索エンジンから集客出来れば、より利益率は高くなります。

スポンサーリンク

ブログアフィリエイトで継続的に利益を出すのは難しい

ブログの世界では、私を含めて大多数の人間は、ほとんど利益を出すことができていません。

その理由は、これまで自分でビジネスを作った経験がない私たちではマネタイズの手段が限られてしまうからです。

一般的にブロガーやアフィリエイターがマネタイズの手段としているのは以下の3つです。

  • ASPアフィリエイト
  • 物販アフィリエイト(楽天・amazon・Yahoo!ショッピング)
  • Google Adsense

それぞれのサービスは素晴らしいのは間違いありません。

ただ、絶対的な欠陥があるのが、アフィリエイトやアドセンスは、どこまでいっても企業と消費者を繋ぐ代理店の存在であり、自分のサイトを訪れてくれるユーザーのリストは自分の手元に残らないということです。

特にスキルがなくても取り組める点がメリットでもありデメリットでもあります。

他人のサービスを紹介しているだけなので、何のスキルも身に付かないし報酬を承認して貰えるかも広告主次第ということになります。

こんな昔話があります。

 

顧客リストの重要性は見込み客に何度でもアクションを取れること

顧客リストも持つことの強みは、見込み客に対して何度でもアクションを取れることにあります。

基本的によっぽどの有名人やインフルエンサーのサイトでもない限り、自分のサイトに訪れてくれるユーザーは1回だけです。

それは、たまたま検索エンジンに表示されて知りたい情報が書いてありそうだからといった具合のはずです。

ブログの第一線で活躍していたり、WEBビジネスで生計を立てている人は、ブログを集客ツールにして、メルマガに登録してもらったり、有益な情報をまとめたPDFを配布して見込み顧客の連絡先を集めている訳です。

登録ユーザーは、自分のコンテンツに対して興味を持っているはずなので、お得な情報と一緒にアフィリエイトをしたり、、Noteなどの有料コンテンツで有益な情報を発信しています。

人のコンテンツを売れなければ自分の商品も売れない

ただ、私も闇雲にアフィリエイトを否定したい訳ではありません。

自分で商品を作れたとしても結局のところ集客して購入してもらうコンテンツを作るということは同じだからです。

物を売るということは、とても難しいことで答えがあるものではありません。

実践を重ねて、覚えて行くしかないと私は考えています。

アフィリエイターやブロガーからWEBコンテンツ作成のプロを目指すのが独立への道

会社員を辞めて、インターネットビジネスで生計を立てようとするのであれば、アフィリエイトをしながらWebデザインやWenマーケティング・LP(ランディングページ)の作り方など出来る仕事の幅が広い方が良いです。

アフィリエイトに取り組んでいるのであれば、お手本となる商材はいくらでもあります。

特に1流企業が作っているサービスやHPは学ぶべきことが無数にあります。

サイト設計を分析するだけで沢山のことが分かります。

  • TOPページにあるコンテンツは何か?
    メイン商材はどの様に売っているのか?
    決済媒体は何か?
    コンテンツの配信手段は何か?
    集客手段はSEO?WEB広告?動画広告?CM?

なぜこの媒体に広告を出稿しているのか・ユーザーを想定して必要となるコンテンツは何なのか?と考えて出来ることを広げて行くことを繰り返せば、ただ単にアフィリエイトに取り組むよりもスキルを身につけることが出来ます。

 

スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました