ブログ初心者向けにマーケティング用語とそれぞれの特徴をまとめた

スポンサーリンク

こんにちは。

2021年の広告業界の傾向として、従来のSEOだけではなく、流行の発信者となり得るインフルエンサーの存在感がますます強くなってきています。

今回は、ブログ初心者に向けて広告業界の広告方法とそれぞれの特徴についてまとめてみました。

スポンサーリンク

広告業界のビジネスモデル

今回は、インターネット事業に真剣に取り組む為に広告事業について調べて見ました。

インターネット広告のビジネスモデル

インターネット広告事業は、5G規格の整備が進む現代ではより広がっていく事は予想されます。

どんな、商売も本質は同じですがお客様に来て頂いて商品を買ってもらう事で売り上げが立ちそこから経費を差し引くことで収入となります。

その為には、まず見込み顧客となる方を様々なSNSやWEBコンテンツ媒体にて集客して商品やサービスを購入してもらわなければなりません。

集客する方法

一言で見込み顧客を集客するといってもその手段としては様々な方法が存在します。

Googleやyahoo!などの検索エンジン

現在の日本では、Googleとyahoo!が現在日本で最も使われている検索エンジンです。この2つの検索エンジンには同じアルゴリズムが使われており、SEOのスキルが必須となって来ています。

ネットで調べものをする方は分かると思いますが検索上位のコンテンツであるほどアクセスを集められる=集客が出来るという構図になります。

以前は、長文や上記の図の様にキーワードと呼ばれるワードを組み合わせて専門用語を網羅していたコンテンツが評価されていましたが、度重なる検索エンジンのアップデートによって検索アルゴリズムが高度化しており、記事の内容に加えて誰が発信している情報なのかという権威性と呼ばれる観点も重要視されてきている傾向にあります。

TwitterやInstagram

日本では、検索エンジンはSNSサービスとして日本人に大人気の2大SNSであるTwitterとInstagramです。

この二つのSNSは、微妙にユーザー層が違うので人気を得ているインフルエンサーを見つけてどんな発信活動を行なっているのか観察し、自分が発信する際の方法と戦略を検証しなければなりません。

一般人が自分の運営するWEBコンテンツに最も簡単に集客する方法は、検索エンジンです。

多くのブログ運営者は、匿名でサイト運営を行っており、大手企業が自社で運営するオウンメディアが検索上位に現れるようになっており無料で有益な情報を発信する事でフォロワーや被リンクを集めて対抗するという構図が現在の主流なSEOです。

広告の種類

一言でインターネット広告といってもその中には多種多様な訴求方法が存在します。

以下ではそれぞれの広告が持つ特徴とマネタイズについて考えて見たいと思います。

クリック報酬型広告:PPC(Pay Per Ckick)

 

PPC広告は、日本語ではクリック報酬型広告と呼ばれる広告形態です。

その言葉からも分かる様に広告がクリックされて初めて報酬が発生する広告です。

リスティング広告

検索エンジン(Googleやyahoo!)などの検索結果の上部やサイトの空白部分に表示される広告です。PPC広告とは違い、広告の掲載を依頼した時点で顧客のクリックの有無に問わず広告費が発生します。

広告の位置からも分かる様に検索結果よりも上にあるのでよりユーザーの目に留まる可能性の高い広告です。

欠点としては、不特定多数への広告出稿であるためどうしても費用対効果は低めに出る事が多くなってしまいます。

SNS広告

最近最も注目されているのがSNS広告です。

SNSはそれぞれのサービスに利用者の特色があるため、訴求したいターゲット層にピンポイントで広告を打てることです。

SNS毎の特色について

・Facebook

フェイスブックは、登録の際に本名や自分の属性(性別・生年月日・趣味など)を詳細に入力するため、SNS広告の中でもよりターゲットを絞った広告訴求が可能な媒体です。

・Instagram

インスタグラムは、10〜30代の女性層がメインユーザーというかなり特徴的なSNSです。女性の皆さんに関心の深い化粧品や美容系・旅行・服飾などの分野の広告と親和性が高いと言われています。

・Twitter

ツイッターはメインユーザーは10〜30代とされていますが、それ以外にも満遍なくユーザーが存在しているSNSです。
ツイッターは何と言っても拡散能力の高さが特徴です。優れたサービスや商品であれば自動的に利用者の間で2次・3次拡散が行われる爆発力があることが特徴です。

・LINE

もはや、スマートフォンを持っている人であれば、インストールしていない人はいないのでは無いかとも思われるLINEです。
世代間を問わず利用されており、アクティブユーザー(アプリをインストールして利用している人)が多いため広告訴求としては費用対効果は高いと判断できます。

ステルスマーケティング

インターネットで、一時騒動になった事があるマーケティング手法としてステルスマーケティング(通称:ステマ)というものがあります。

ステルスマーケティングの例

・利害関係者が一般消費者を装ってSNSやブログで自社の製品を宣伝する

・芸能人やインフルエンサーに広告費を払って、その事実を隠した上で商品やサービスを宣伝してもらう

なぜ、ステルスマーケティングを行うのかというとインターネットが社会インフラとして定着した現代においては企業の発信する一次情報は、製品やサービスの良い面を強調した広告訴求が多く諸費者である私たちはその様な直接的な広告を嫌う様になってきました。

そこで、一般の人に立場的には近い芸能人やSNSで影響力が大きいインフルエンサーなどが重用される様になってきた訳です。

ステルスマーケティングの問題点

ステルスマーケティングは、欧米諸外国では禁止されている国もあるマーケティング手法です。

ステルスマーケティングを依頼された発信者は、お金という報酬を受け取っている以上サービスや商品について良い情報を発信します。

その発信を目にする一般消費者は、意図的にフィルターをかけられた情報を目にして購買意欲を促進されることになります。

これは、消費者に不利益な情報を正しく伝えていない(欺いている)とも考えられており禁止する国がある訳です。

WEBサイト(ブログ)の持つ役割

WEBサイトがインターネット広告事業で持つ役割というのは、ユーザーの持つ疑問やもやもやした感情の原因を提示してその悩みを解決する手段として企業や個人が提供するサービスを紹介する事があります。

アクションを取ってもらう為には、記事の価値に納得や満足をしてもらわなければならない。

よく言われるのは、集客するコンテンツを作り、その記事を導線として収益ページに飛んでもらうというモデルが活用されます。

 

スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました