ブログやサイト名の決め方のコツ3選!独自性とユーザーの覚えやすさが大事な理由

スポンサーリンク

ブログの名前は会社における看板であり、SNS上におけるペンネームの様なものです。

ただ、だからと言ってどんな名前のものでも良いというものではなく他にはない独自のものが望ましいとされています。

この記事では、ブログ名のつけ方とドメイン取得をする際の注意点について記事を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ブログ名の付け方

ブログ名をつける時のポイントは、沢山あるわけではありません。

ブログ名ポイント
  • 既存のブログ名と被らないこと
  • 覚えやすく何を発信しているか分かるサイト名
  • ドメイン名と合わせるとなお良い
実施する方法
  • 検索エンジンで調べる
  • 10文字程度で・英語は使わない
  • ドメインの取得時に確認

代表的な方法をまとめました。

サイトの名前は被らない方が良い

ブログ名は、サイトの顔であり看板です。

現在の検索エンジンでは指名検索をされるサイトの評価は高いとされています。

指名検索は、サイトの名前を検索エンジンに入力して訪れてくれるユーザーのことです。
多くのユーザーが指名検索をする=訪問先サイトを信頼していると判断できるので、現在のSEOに置いて重要とされているE・A・Tに強いと評価されていると考えられます。

E・A・Tについて

Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)

これから始めようとしているブログに先客がいれば別の名前を考える方が懸命です。
基本的にサイトのドメインパワーは先行者の方が高く、名前が被っていることに置いてメリットはありません。

短くて覚えやすいサイト名が理想

運営ブログのサイト名ですが、何について発信しているか分かりやすくて短い・覚えやすい名前が理想的にです。

ブログについて発信したいのあればブログ・アフィリエイトに関連した情報発信をしたいのであればアフィエイトやその共通語を入れるとわかりやすくてなります。

その際には、日本語で記事を作るのであれば、平仮名・漢字・カタカナの10文字程度で構成したサイト名が理想です。

英語のサイト名を使えば、格好良いのですが、訪問ユーザーにサイト名を覚えて貰えない・そもそも読み方が分からないなど記事の品質が高くても評価を取り逃がすという勿体ないことになります。

なので、自分がどんな情報発信をしたいのかテーマを考えた上で覚えやすいサイト名にすることが理想

サイト名をコロコロ変えるのはSEO上あまり好ましくないので、最初の段階でしっかりとサイトの方向性を考えて決めることが大事です。

サイト名とドメインが一致しているとなお良い

当ブログが出来ていなくて後悔している点のひとつです。

指名検索の撮り逃しをどうしても防ぎたいのであれば、サイト名とドメイン名は一致させることが理想です。

当サイト名のブログで言えば、サイト名=ブログでファイアとドメイン名=blog-fire.com( or net or jp)等を合わせた方が良いです。

検索エンジンで名前を入れてもサイトを訪れられますが、サイト名を直接アドレスバーに入れて訪問してくれるユーザーも取り入れることが可能となります。

  •  ドメインの末尾は、~.com  or  . ~net.  or ~jp を選ぼう

日本人に馴染みがあるのはドットコム・ドットネット・ドットジェイピーの末尾です。

もっと安い末尾のドメインもありますが、ユーザーがあまり馴染みのないドメインを使用してしまうと不審に感じるユーザーは一定数存在します。

折角のコンテンツの価値を損なわないためにもドメイン名にはこだわりたいところです。

スポンサーリンク

サイト名は全てではないがこだわりは必要

サイト名は、価値を決定づける絶対的なものではありません。

ただ、流行りや大きな企業が展開しているサービスは覚えやすく内容が分かりやすいネーミングがされていることが多いです。

自分のサイトの価値を高めるためにも、SEOで評価されやすく覚えやすいサイト名にこだわりたいところです。

 

スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました