海外FXでよく聞くDD方式とNDD方式の違いについて解説

スポンサーリンク

今回は、FX業者を選ぶ上でポイントとなる注文方式の違いであるDD方式とNDD方式の違いについて詳しく検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

DD方式とNDD方式の違い

FX業者を使いける上で重要なポイントの一つとして、自分の注文が即座に実行される約定精度やスプレッドが重要なポイントとなります。 約定精度やスプレッドが悪いと、  

・不利なスプレッドで自分の注文が約定する ・スプレッドが拡大した場面でストップロスが発動する

  といった問題が生じます。 しかし、投資家は自分の注文の約定精度を操作することは出来ません。 私たちに出来るのは、自分に不利になる様なFXブローカーを選ばないという目を持つことです。 判断の材料の一つとなるのが今回紹介する、DD方式とNDD方式の会社の性質を知って自分のトレードとマッチングする会社を選ぶことです。

国内はDD・海外はNDDが多い

一般的に、日本のFX会社はDD・海外のFX会社はNDDを採用していることがが多いとされています。 DDとは(ディーリング・システム)の頭文字をとった言葉です。 NDDはDDを否定する(ノン・ディーリング・システム)となります。 Dealという言葉は、「取引する・分配する」という意味を持つ英語であり、トレード用語として解釈するのであれば、注文を仲介して裁量するかどうかという意味に捉えることが可能です。

DD方式とNDD方式では利益の構造が違う

DD業者とNDD業者を比較してきましたが、どちらか一方が正しくもう片方が正しいと言いたい訳ではありません。 それは、DD業者とNDD業者では利益を上げる方法が違うからです。

DD方式=国内のFX会社に多い

国内業者に多いDD方式は、私たち投資家の注文の取引相手がFX業者であり、注文の状況やFX会社の先にあるインターバンク市場の動向を見ながら随時カバー取引を行いながら投資家の注文をさばいています。 DD方式の特徴としては、「スプレッドが狭い(狭小)・不自然なヒゲが出ることがある(ストップ狩り?)・FX会社によってレートに差がある・スキャルピングやEA稼働が禁止されている」といった特徴があります。 上記の特徴を加味すると、固定スプレッドの強みを活かせるスキャルピングやデイトレードを得意とするトレーダーにとっては稼ぎやすい特徴があると言えます。

よって、膨大なポジション頻繁に取るトレーダーはDD方式を採用するFX会社にとっては都度そのトレーダーの注文をする手間がかかるよ。

DD方式では場合によってはトレーダーの注文を呑んでいる(カバーも何もしない)ことも多いとされています。

理由としては、相場の世界では何もしなくても「勝ち組が2:負け組が8」というパレートの法則が働いているのでカバーをするコストを抑えられる=FX会社の利益に繋がるという構造があるね

よって、DD方式を採用するFX会社にとっては、大きなロットでスキャルピングをしてなおかつ利益を継続的に獲得するトレーダーはあまり歓迎したいお客様ではありません。 完全な噂レベルにはなるのですが、そういった勝ち組トレーダーは、取引を凍結(禁止)されたりスプレッドを急拡大させてストップ狩りに合うといった報告があります。 ここで間違えてはいけないのがDD方式=投資家が稼げないということではありません。 あくまで、投資家が損失ポジションを持った時がDD業者の利益になるという構図があるという客観的事実です。 つまり、DD会社は広告費をふんだんに使っても初心者トレーダーが増えれば増えるほどりきが増えるという仕組みがあります。

NDD方式はカバーの必要がなく海外FX会社に多い

NDDシステムは、インターバンクという電子市場に直接注文を流す方式です。 NDD方式の特徴としては、  

スプレッドは広め、約定精度は相場環境に依存・EAやスキャルピングは容認される   といったNDDとは全く違った取引環境となっています。

  NDD方式がDD方式と違ってスプレッドが広くなってしまうのは、NDD業者にとって利益となるのは、トレーダーが注文の際に支払うスプレッドが唯一の利益源となっているからです。 NDD方式のFX会社は注文料が多ければ多いほどスプレッドを多く手にすることが出来ます。 なのでNDD業者は、少しでも多くのトレードをしてもらう為にDD会社で禁止されることの多いMT4を用いたEA(自動売買)の利用やスキャルピングも推奨し・最大レバレッジも国内の比ではない倍率を設定しています。  

海外FXには、一攫千金の夢がある事に多くのトレーダーが魅了されるよね
私は海外FXでMT4のEA運用をしていますが今のところ継続的に負けています(汗 こういったトレーダーが多くいれば海外FX会社は潤いますね
スポンサーリンク

DD方式かNDD方式かの見分け方=事前の申告が必要か

DD方式かNDD方式か見分けるポイントが、数10〜数百ロットのポジションを持つ時に、FX会社に事前の申告が必要かどうかという点にあります。 NDD方式であれば、注文をそのままインターバンクに流すだけでスプレッド収入も沢山入り何も困りません。 ただし、DD方式であれば話は変わります。普段投資家の注文を呑んでいるFX会社は巨大なポジションをいきなり持たれるとカバーが上手くいかず、トレーダーに提示しているスプレッドより多くのコストを支払う可能性があります。

FX会社にとってコストの発生=利益の減少となりますので面白くありません。

NDD方式を宣言していても取引ルールをみると事前申告が必要なFX会社もあるので注意しましょう。

HP記載がある以上、事前申告なしに巨大ロットを貼って利益を出しても口座からの出金を認めないというケースもあった様なので注意しようね。

自分のトレードスタイルや状況に応じて使い分けるのが良い

トレードに限りませんが、なぜか世の中ではiPhoneとAndroid・PS4とNintendo Switchと同じ市場で戦う会社の対立構造を煽り片方に肩入れする人がいます。 あまり変な話はしたくないのですが物事は、表裏一体でありどんな物事にも陽の部分もあれば陰が存在します。

折角どちらの環境も選ベる立場にあるのですから、私たちはその特徴を上手く使って相場環境に応じて会社を使い分ければ良いのではないでしょうか?

資金が多いのであれば、申告分離課税で取引できる国内FXで十分だと思いますし、私の様な少資金のトレーダーはレバレッジの効く海外FXでギャンブルトレードに取り組むのも一つの手段です。  

スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました