EAのバックテストに必要なヒストリカルデータはAlpariで入手するのがオススメ

スポンサーリンク

この記事をご覧いただけているというあなたはMT4を用いた自動売買に興味がありますよね。 MT4のEAを用いた運用について調べているとどのサイトでも口を揃えた様に実際に稼働させる前には、自分が取引する環境で、” バックテストを実行しよう ”という文言を目にします。 そこで、今回はバックテストを実行する意味とバックテストに必要なヒストリカルデータの入手先として信頼性の高い「Alpari」というサイトについて紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

EAのバックテスト

MT4の自動売買運用でキモとなるのが、EA(エキスパートアドバイザー)という自動運用プログラムの取引ロジックです。 無料EAでも有料EAでも開発者が自身の環境で実行したバックテストの結果を公開しています。

じゃあ何で自身でバックテストをする必要があるの?
うん、これはいくつか理由があるんだけど一般的には「期待リターンが過剰に最適化されている可能性があったり、自分のトレード環境では上手く稼働しない可能性がある」からだね

バックテストをすることで過去検証が出来る

そもそもなぜバックテストが必要なのかというと大きく分けて以下の様な理由が挙げられます。  

・EAが長期的に利益を上げられるロジックなのか検証するため   ・利益を上げられるロジックなら自己資金で耐え得るロットを確認するため   ・バックテストを組み合わせることでEAを用いたポートフォリオを作るためのデータ集め   まとめるなら本番に挑む前のウォーミングアップの様な位置付けと言えるね

 

スポーツで考えれば、試合に挑む前の練習みたいなものね

バックテストに必要なもの=MT4とEA・ヒストリカルデータ

バックテストが重要な事は何となくわかったけど何が必要なの?
うん、バックテストにはMT4ってツールとヒストリカルデータが必要だよ

構造としてはMT4というゲーム機にヒストリカルデータとEAというソフトウェアをセットして動かすイメージかな

ヒストリカルデータはどこで手に入れる?

バックテストをする際にヒストリカルデータを入手する必要があります。 ただし、全ての証券会社やFX会社がヒストリカルデータを提供している訳ではありません。  

日本国内で代表的なヒストリカルデータの入手先は   ・MetaQuotes社  ・FXDD ・Alpari   の3つが有名とされているみたいだね。  

管理人が調べた限りでは、MetaQuotes社とFXDDは過去の1部分の期間にデーターの抜けおちなどや不自然なレートの変動が発生するなど信頼性に疑問がつく点があると多くのトレーダーが口を揃えていました。 一方で、Alpariのヒストリカルデーターは信頼性が高いと評判でした。 Alpariは、スイスフランショックの時に一度潰れたことがある会社なので貴重なデータ入手先です。

ダウンロード出来るうちにしておいてバックアップを取っておきたいね

ALpriのヒストリカルデータを入手するにはデモ口座の開設が必要

信頼性の高さに定評のあるアルパリのヒストリカルデータですが、残念ながらデモ口座を開設しなければ利用出来ない様です。 Alpriのサイトは、英語ばかりですが、特段難しい内容は無く、名前やメールアドレスを入力するだけなので物怖じする必要はありません。 手順は以下の3ステップで完了します。

メニューバーをクリック → 「GETTING STARTED」 → 「 Demo account 」

「OPEN DEMO ACCOUNT → 名前・苗字・メールアドレス・電話番号を入力後プライバシーポリシーに同意」

 

「在住国は日本・CITYは東京 → CONTINUE  → 連絡先の認証(SMSかメール)のいずれかを選択してGET CODE → Cornfirmation code に届いた数字を入力」で進む。   これでひとまず登録は完了となります。

  最後に来たメールに、とても大事なアカウント情報が記載されています。このメールはとても大切な情報なので無くさない様に気をつけましょう。 このメールのログイン情報を元にAlpariのHPにアクセスして上記の画像の様にサイドメニューバーから「MT4インストーラー」をダウンロードします。

インストーラーを起動してあとは、普通のアプリケーションをインストールする手順と同じです。 exeファイルを起動 インストールが終わりるとデスクトップにショートカットが出てくるのでダブルクリックします。 メニューバーからヒストリカルデータをDL ダウンロードしたヒストリカルデータはAlpariのファルダにダウンロードされています。 以上で完了となります。 お疲れ様でした。あとはこのデータを元にEAのバックテストなどを行い思い思いのEA運用を目指しましょう。 次回の記事では、バックテストを行う方法について記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました