オウンメディアを作るあなたを助けるブログ

ブログビド

未分類

Google Search Console(サーチコンソール)で新しいサイトをDNSレコード認証する方法【Mixhost 】

こんにちは。

本日は、ブログやサイト運営を続けていく上で、Googleアナリティクスと並んで必要となる「Google Search Console」の登録からサイトマップ(sitemap.xml)を送信するまでの流れを解説していこうと思います。

Google Search Consoleとは?

Google Search Console は、自分のサイトがどんな情報を発信していて、どんな構造サイト構造をしているのかをGoogleという世界最大の検索エンジンに知らせたり、自分が作成したコンテンツが検索エンジンでどれくらい検索・アクセスされているのかを調べたりする事が出来るサービスです。

Google Search Consoleに登録する方法

まずは、Google Search Consoleの公式サイトにアクセスします。

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

Googleのアカウントが無いとサービスが利用出来ないのでまだアカウントが無い方は検索エンジン等で作り方を調べてみて下さい。

新しくサイトを追加する場合はドメインを選び「〇〇.com(.net)」などあなたが取得した独自ドメインを入力します。

すると、入力したドメインが本当にあなたが所有するサイトであるのか確認するメッセージが現れます。

DNSレコードで認証する場合は、2.のTXTコードをコピーしておきます。

2019年9月段階では、DNSレコードでのドメイン所有権の確認が提案されますので今回は、DNS認証で解説していきます。

DNSレコードの登録(Mixhost)

mixhostのドメインドメインでDNSレコードを登録する場合は以下の手順をとります。

mixhostのサイトにログインした後、cPanelまで移動しZone Editorを選択します。

そうしたら、登録したいドメインを選択してレコードの追加を選びます。

新しい欄が出来ましたら「ドメイン名・種別=TXT、レコードはサーチコンソールで提示された google-site verification=英数字の長い文字列」を入力して保存します。

再びSearch Console のサイトに戻ります。

確認を押して認証を待ちます。DNSは、すぐに反映されないこともあります。そういう場合には30分〜1時間開けて再度アクセスしてみて下さい。

DNSの設定が上手く完了していれば、所有権を確認しましたといメッセージが表示されます。これで、Google Search Console へのサイトの登録が完了したことになります。

-未分類

Copyright© ブログビド , 2019 All Rights Reserved.