【海外FX専門会社】is6comの特徴と口座の作成方法を解説してみる

今回は、FX専門の金融サービス会社であるis6comについて記事をまとめてみました。

今回は、is6comの特徴と実際の口座開設の手順を記事にまとめました。

それではいきましょう。

  1. is6comとはどんな会社なのか?
    1. 2016年設立の新興ブローカー
    2. 本社はセーシェルにある
  2. 取引口座の特長
    1. ゼロカットシステム
    2. 最大レバレッジが1,000倍
      1. 2019年3月18日から口座残高に応じてレバレッジ規制が始まる
    3. 口座の種類は3種類
    4. 口座毎に売買スプレッドが異なる
      1. マイクロ口座
      2. スタンダード口座
      3. プロ口座
      4. 2019年3月27日追記
    5. is6comの取引で気をつけるべきこと
    6. 出金が早い
      1. 追記:2019年2月5日 出勤トラブルの噂が!?
        1. 原因は規約違反
    7. ロット申告が必要=DD業者かもしれない
    8. 金融ライセンスは保有していない
    9. 口座開設でボーナス5,000円が貰える
      1. 2018年10月1日~5日ボーナス中
    10. 不定期で入金ボーナスキャンペーンも開催される
    11. MT4を使ったEAには制限が無い
    12. 色々評判がありグレー気味か?
  3. 口座開設の方法
    1. 口座開設には、免許証と住所確認に書類提出が必要
      1. 登録アドレス・パスワード
      2. 名前・生年月日・電話番号・住所
    2. 口座タイプ・口座の通貨
    3. 年収と投資資産を記入
    4. 財務状況の質問
    5. 登録が上手くいけばメールアドレス認証メールが届く
    6. Meta Trader4(MT4)口座発行のお知らせメールが届く
      1. MT4アプリをスマホにインストール
      2. MT4アプリを起動する
        1. サーバーとアカウント情報を紐つけ
    7. 身分証明書と住所確認書類を提出
    8. 唯一のデメリットは税金の扱い

is6comとはどんな会社なのか?

口座開設の方法だけを読みたい方は、以下のボタンをクリックして下さい。

口座開設で取引を開始する

is6comは、

  1. スキャルピングやデイトレードをメインとしている
  2. ストップロスを浅く置くスタイルでトレードしたい
  3. 豊富な入金ボーナスを最大限利用してハイレバトレードしたい

と考えるトレーダーにはオススメ出来るFXブローカーです。

2016年設立の新興ブローカー

is6comは、2016年12月に設立された新興ブローカーです。

理念としては、

FXに特化した金融サービスを提供する、金融サービスプロバイダーです。

我々の指命は”お客様に世界一のサービスを提供すること”であり、お客様と共に成長しながらニーズに合わせ積極的に改革に取り組み、世界金融市場の発展に貢献していきます。
弊社はあらゆるご要望にお答えし、安全で確実なシステムで、お客様に優れた取引環境をご提供することをお約束いたします。

引用:is6com

今回の新規口座開設キャンペーンからも分かるように新規顧客獲得に力を入れている会社となります。

日本語にも対応しているのが心強いです。申し込みは、公式サイトから行えます。

is6.comの口座登録はこちら

本社はセーシェルにある

is6comの本社は、セーシェルにあります。

取引口座の特長

  1. 日本語に完全対応
  2. ゼロカットシステム(=追証なし)
  3. 最大レバレッジ1,000倍
  4. 取引口座はマイクロ・スタンダード・プロ口座の3種類
  5. 口座開設で5,000円、入金200%ボーナスなど顧客還元サービスが充実している

ゼロカットシステム

ロスカット執行条件証拠金維持率が50%を下回った時点で執行

is6comの取引口座は、ゼロカットシステムを導入しています。

サラリーマンの方であっても仕事中や睡眠中の相場急変時には自動的にロスカット注文を入れてくれます。

2019年1月3日には、正月の薄商いと世界経済の減速懸念から有事の円買いより為替相場が急変する事件がありました。この様な際に海外口座である会社のメリットを大きく活かす事が可能となります。

【悲報】正月早々クロス円取引が暴落し大損した投資家がいたので明日は我が身と分析した
正月ですが、クロス円の為替相場でとんでもない値動きがあったようです。私は、為替相場に手を出していませんでしたが、年越えの恐ろしさを感じた事件でした。為替相場の急変の理由日本市場休業&薄商い世界の株式市場は、1月2日には既に新年の営業

つまり、国内の証券会社では発生する追証に怯えずに大胆なポジションを構築する事が可能となります。

追証とは?

追証は、追加証拠金という言葉の略称です。

FXや信用取引では、取引業者に預け入れる証拠金を担保に自己資金にレバレッジをかけてポジションを取る事が出来ます。

国内の会社では、強制ロスカットになった場合、預入証拠金に加えて実現損失との差額の入金を求められますが、is6comであれば追証の心配はなくどんなにレバレッジをかけても入金した額しか失うことはありません。

ただし、ロスカットが証拠金の50%を下回った段階で執行ということでやや他の海外FX会社と比較して速い事には気をつけたいですね。

最大レバレッジが1,000倍

国内のFX会社では、考えられない1,000倍までレバレッジをかけて取引することができます。日本では、レバレッジ規制がどんどん厳しくなってきています。


将来的には、10倍に規制するという話も出ています。

is6comでは、1万円で1,000万円相当のポジションを取る事ができます。

レバレッジが掛かり過ぎて危険じゃないか?

以上の様に思う方もいると思います。

それは、ある意味正解です。

ある意味と言ったのは一獲千金を狙って貯金を注ぎ込み巨大なポジションをとってしまう様な行為を言います。

レバレッジは、最大1,000倍まで賭けられるという事なので1,000倍じゃないと取引出来ないという意味ではありません。
レバレッジをかけるほどポジションの逆行で一気に損失が膨らみます。証拠金の中で無理のない範囲で運用していきましょう。

2019年3月18日から口座残高に応じてレバレッジ規制が始まる

新しく口座残高毎にレバレッジ規制がかかる事が発表されました。

資金が100万円以上からレバレッジに制限がかかります。

私の様な小口投資家であれば最大レバレッジでお金を貼れますが資金の多い方はレバレッジ規制がかかります。

資金の多い方は別のFX会社を使う方が効率的だと考えられます。

口座の種類は3種類

取引口座が違うと何が違うのでしょうか?

口座毎に売買スプレッドが異なる

is6comでは、取引口座毎に売買スプレッドが異なります

スイングトレードをするならそこまで口座にこだわる必要はないですが、

スキャルピングやデイトレードを目指すならば、スタンダード口座プロ口座を利用する事が重要です。

マイクロ口座

マイクロ口座の特徴は以下の通りです。

  1. 証拠金が、20,000ドル以下まで最大1,000倍のレバレッジ、20,001ドル以上になると最大500倍のレバレッジをかける事が出来ます。
  2. 1ロット1000通貨(最少0.05ロット、最大ロットは100ロット)
  3. ボーナス付与対象外

個人的な意見ですが、マイクロ口座はFX初心者向けの口座だと思います。

通貨単位が、1000通貨なので急激な損失は、抱え辛いですが、海外FX会社の入金ボーナスを手にする事が出来ないことが多いので正直な所余程の事情がない限りはスタート時点では、後述のスタンダート口座での口座開設をオススメ致します。

スタンダード口座

スタンダード口座の特徴は以下の通りです。

  1. 証拠金が、2万ドル以下まで最大1,000倍のレバレッジ、2万1ドル以上になると最大500倍のレバレッジをかける事が出来ます。
  2. 1ロット10万通貨 (最少ロット0.01、最大30ロット)
  3. ボーナス付与対象

スタンダード口座では、最少0.01ロットで発注する事が出来ます。

スタンダート口座であれば、ボーナスの付与対象となります。今回のキャッシュバックも、スタンダード口座での口座開設が条件です。十分に注意して下さい。
スタンダード口座開設後にマイクロロ口座を開設する事も出来ます。

プロ口座

プロ口座の特徴は以下の通りです。

  1. 最低入金額1,000ドル以上
  2. 1ロット10万通貨(最低1ロット、最大30ロット)
  3. ボーナス付与対象外

最低入金額と取引ロットを見れば分かる様に大口投資家向けの口座となっています。

プロロ口座は、売買スプレッドを極限まで縮めている事が特徴です。

売買手数料を支払いスプレッドを縮める事で大きなロットを張って小さな利益を積み重ねるスキャルピングとの親和性が高い取引口座です。

2019年3月27日追記

3月27日に、プロ口座の開設申込殺到を受けて新規の申込を停止すると発表がありました。

既に開設済の口座は大丈夫ですがサーバーの増強が終わるまでは新しく口座を作るのは無理なようです。

is6comの取引で気をつけるべきこと

  1. 約定制度にはやや難あり
  2. 金融庁の許可業者ではない
  3. スキャルピングや窓埋めトレードは認可されている

出金が早い

海外FXでよくトラブルとなっているのが利益を上げられたのに出金出来ないという事です。

その点においてis6comは出金トラブルに対する口コミが少ない事が特徴です。丸一日程度で指定の振込口座に着金しました。

月に1回までは、出金手数料は無料なので小まめに出金したい方は、タイミングを見計らって出金しましょう。

以下は、私が実際に最近入出金した際の記録です。

追記:2019年2月5日 出勤トラブルの噂が!?

https://twitter.com/fxfx011/status/1091257210548572160?s=20

is6comで取引していたトレーダーが出金拒否をされたと訴えています。

原因は規約違反

is6comでは、10LOT以上の取引は事前にサポートで報告しないと無効化されるという一文があり、このトレーダーがこの文章を見ていない事が原因だった様です。

ロット申告が必要=DD業者かもしれない

海外FXの多くはNDD業者と呼ばれています。

NDDというのは、私たちトレーダーと注文を処理するインターバンク市場の間にディーラーが入らないシステムの事です。

NDD業者であれば、トレーダーがポジションを持つ際に支払うスプレッドで利益が上がるのでロットを大きく張ってくれるのは嬉しいことのはずです。

事前に申告が必要ということは、カバー取引を実行している可能性もあります。(真相は分かりませんよ)

>>  関連記事:海外FXを選ぶ時のポイント!DD業者とNDD業者の違いとは?

金融ライセンスは保有していない

is6comは残念ながら、どこの国の金融ライセンスも保有していない様です。

金融ライセンスは、ブローカーの信頼度を図る上で重要な項目の一つです。

ライセンスを保有していないということは、外部の組織の目が入らないという点から、いくらHPで顧客の資金を別で管理していると言っても説得力はありません。

まだ運営から浅いという点から現在ライセンスの取得を準備している最中かもしれませんがやや気になる点であることは確かです。

>>関連記事 危ない海外FX会社の見極める方法まとめ

口座開設でボーナス5,000円が貰える

is6comでは、口座開設と本人の身元確認書類を提出するだけで、初回の口座開設ボーナスとして5,000円の入金ボーナスを無条件に付与してくれます。

この5,000円をそのまま出金することはできませんが、実際にトレードをして損益を出せば自己資金を使わずにお金を増やす事ができます。

今までFXに取り組んだ事がない方であってもリスク無しでトレードが出来るメリットがあります。

2018年10月1日~5日ボーナス中

不定期で入金ボーナスキャンペーンも開催される

is6comでは、口座開設キャンペーンとは別に入金ボーナスという特典もあります。

入金ボーナス100%ボーナスというのは、キャンペーン中に入金をすると入金額の倍のお金が取引余力として口座にクレジットされるというシステムです。

最大金額の上限は、ありますが無理のない範囲で利用すれば取引余力を大きく引き上げるチャンスとなります。

is6comの入金ボーナスはスタンダード口座が指定される事が多いです。入金ボーナスを活用したい方は気をつけて下さい。
Pick up!  私が実際に入金をした際の体験談の記事

MT4を使ったEAには制限が無い

海外FX業者を使う利用の一つとしてMT4を用いた自動売買をしたいという事が理由の一つとして上がります。

自動売買は、勝てないと言われることも多いですが稼働方法や相場の環境に合わせてEAを選択できるスキルがあれば資産を増やせる一つの手段であると私は思います。

ネックとなるのは、EAを24時間稼働させる為に必要なVPSというコンピュータ環境のレンタル料が月額2,000円程度かかるとされていることです。

しかし、コンピュータに関する知識が少しあれば、コストを月額630円まで圧縮できる方法が存在します。

当サイトの広告を経由して口座開設(追加口座も可)をしてくれた方には、月額630円のコストで自動売買を出来るnoteかPDFをプレゼントしています。

ご希望の方は、コメントやお問い合わせ・Twitterのアカウント等から 作成した口座のIDをお知らせ下さい。

こちらで照合が出来次第、NoteもしくはPDFのダウンロードURLをお送りさせて頂きます。

色々評判がありグレー気味か?

is6comは、まだまだ新興ブローカーの域を出ず色々問題があるのが現実の様です。

大口の注文には、問題が多い様なのですが、小口取引で低〜中程度のレバレッジでトレードする分には今の所問題は少ないと感じています。

出金の確実性なら国内の証券会社か、海外FXで最も信頼性の高いXMで取引する事をオススメします。

結局の所は、今あるルールの中でメリットを最大限に活かすトレードをすればいい訳です。

臨機応変な対応も投資を続けていく上では大切な能力です。

口座開設の方法

当サイト経由口座開設して頂いた方限定でMT4の自動売買を安く始めるノウハウNote・PDFをプレゼントしています。

ご希望の方は、コメント・お問い合わせ・Twitterから口座作成後MT4口座IDをお知らせ下さい。照会が出来次第URLリンクをお送りさせて頂きます。

まずは、以下のリンクから口座開設のページを開いて下さい。申請自体はとても簡単で5分程度あれば誰でもできます。

is6.comの口座登録はこちら

それでは、引き続き口座開設の方法を解説していきます。

口座開設には、免許証と住所確認に書類提出が必要

登録アドレス・パスワード

普段利用しているアドレスと任意のパスワードを記入します。後程本人確認書類の提出の際に使うのでメモを残しておきましょう。

私は、1パスワードというアプリを使ってパスワードを生成し登録しました。

1passwordを使って証券会社のログイン情報を管理しよう
こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。投資家の方は証券会社のIDやパスワードをどの様に管理していますか?エクセルや登録画面を写真で撮って管理するなど独自に管理する方法を構築されている方もいると思います。今回は、

名前・生年月日・電話番号・住所

自分の氏名を半角英字で、電話番号は普段使っている物を、住所は英語表記で記入します。

記入方法

都道府県 Chiyoda-ku,tokyo
町名・番地 ○○ー○ ,marunouchi
建物名・マンション名 住んでいるマンションをローマ字で

口座タイプ・口座の通貨

マイクロロ・スタンダード・プロ口座から選びます。特別な事情でもない限りスタンダード口座で良いです。(入金ボーナスと口座開設ボーナスもスタンダード口座が対象です。

年収と投資資産を記入

2ページ目では、年収と投資資産を記入します。余程の事がない限り正直に答えれば口座開設出来ると思います。

財務状況の質問

登録が上手くいけばメールアドレス認証メールが届く

登録が上手くいくと認証メールが届きます。メールのURLもアクセスして認証しましょう。

Meta Trader4(MT4)口座発行のお知らせメールが届く

メールアドレスの認証が成功するとMT4口座のログイン情報が発行されます。

MT4アプリをスマホにインストール

MetaTrader 4

MetaTrader 4
posted withアプリーチ

上記のボタンから、iphone,androidのどちらであってもDLする事ができます。


MT4アプリを起動する

起動後に、設定をタップしたあと新規口座をタップする。

サーバーとアカウント情報を紐つけ

右側のアカウント情報は、口座開設が完了した際に登録したアドレスに送られてきた物です。

メールに記載されたIDとパスワードをそれぞれ記入します。

身分証明書と住所確認書類を提出

にアクセスします。

そして、口座開設の際に決めておいたメールアドレスとパスワードでログインします。

本人確認書類と住所確認書類をアップロードしましょう。

本人確認書類

・免許証

・マイナンバーカード

・パスポート

住所確認書類

・公共料金の領収書(水道・ガス・電気・携帯電話料金領収書他)

この処理が上手く行けば晴れて5,000円のクレジットを受け取り晴れて取引可能となります。

is6.comの口座登録はこちら

お疲れ様さまでした。

is6comの口座を使ってどんどん資金を増やしていきましょう。

唯一のデメリットは税金の扱い

これまで、海外FXのメリットばかり強調してきましたが当然デメリットもあります。

国内のFX会社であれば税金は申告分離課税となっているので、最高税率は20%程度で、なおかつ、くりっく株365やオプション取引の損失との損益を相殺できます。

画像:国税庁HP

しかし、海外FX場合の場合は総合課税の雑所得に分類されて利益に対して最高で45%の税金がかかります。一時的に儲けてもその後税金分を出金しないと翌年の税金の支払いに困るので十分に注意して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました