会社員とフリーランスの仕事の違いを考えると普通の人はサラリーマンの方が幸せになる理由

スポンサーリンク

当ブログの管理人であるRAKIは、FIREをしてサラリーマンの様に特定の時間・特定の場所・特定の人間関係に縛られて仕事をしたくないという思いがあります。

好きなことを仕事にして生活をしている人と思い浮かぶのが個人事業主やフリーランスという生き方です。

この記事では、フリーランスという生き方を考えた上で特別なスキルがある人以外には厳しい生き方であるということを会社員との比較から検証していきます。

スポンサーリンク

フリーランスの世界

 

まず始めになぜフリーランスが稼いでいるように見えるのか?という疑問です。

結論としては、稼げるフリーランスしか生き残っておらず、上手くいっていないフリーランスは会社員に戻ったり、アルバイト等の時給労働をしているからです。

専門的な言い方をすれば生存者バイアスが働いていて、Twitterや youtubeで活躍を目にするフリーランスは業界の最上位の人たち。

会社員の世界で言えば、トップセールスや取締役や役員クラスの人と対等に話ができるレベルの人です。

会社員として任された仕事をなんとなくこなしている人とは仕事に関する意識レベルが格段にちがいます。

フリーランスは仕事大好き人間でないと難しい

フリーランスを実践して生活している方の意見を参考にしながら自分がそれをどこまで達成できるのか?という点を検証して見ます。

フリーランスで生き抜いている方の多くが口にしているのは、仕事が好きではない人がフリーランスになるのは難しいという言葉です。

この言葉の裏には、会社員はフリーランスは楽をしている様に見えるけど現実は全く違うということです。私が冒頭で述べた価値観はまさにサラリーマン・会社員そのものの考え方です。

フリーランスは、業務提携先や受けた仕事に関する利益を全て手にすることが出来るのでサラリーマンより稼ぎやすいのは事実です。

ただ、仕事のクオリティに問題があれば、期間途中での契約解除もあり得ますし、単発の仕事であれば二度と同じ会社から仕事を受けることは出来ないでしょう。

フリーランスの仕事は、成果物が全てであり、いくら単価が高くても自分のスキル次第で時給単価は大きく変化します。

サラリーマンの様に成果が出なくても過程を評価してくれるという甘い世界ではないみたい

簡単な仕事を高い頻度で回すというのは、短期間で稼ぐという観点で言えば効率的です。

ただ、スキルが身に付くわけではないので、自分が成長出来る訳でなく仕事の単価が上がることもありません。

体力勝負なこともあり、年金保険や健康保険負担が大きいフリーランスとしての働き方として推奨できる方法ではありません。

フリーランスで稼ぎ続けるためには、新しい知識を学ぶことが苦でなく、公私を問わないでどうすれば上手くいくのか・なぜ上手くいかなかったのかというPDCAを回し続けて新しいことを学び続ける姿勢が大事であることが分かります。

フリーランスは納期意識が大事

フリーランスで、クラウドソーシングで仕事を受託している方が大事にしたいのは、納期を守ったりクライアントの求める仕事の意味を理解するということです。

フリーランスが会社員に勝る点は、仕事に関する機動性にあります。

8時から17時といった時間を区切って会社員と同じ仕事レベルで仕事をするのであればフリーランスに仕事を依頼するメリットは少なくなります。

会社員は労働基準法等でガチガチに守られていますが、フリーランスは自分で好きに動けるという自由がある反面、後ろ盾がないという不安定性を持っています。

私もクラウドソーシングで仕事を出したことがあるので分かるのですが、やりとりをしている最中で突然連絡が取れなくなったり、想定した納期に仕事が完了していないことがあります。

仕事を依頼している側は、お願いした仕事が完了している段階で次の行程を考えながら仕事を進めています。

自分の都合がその先の仕事に繋がっているという意識と責任感を持ち仕事をしなけらばなりません。

逆に言えば、当たり前のことを当たり前に出来るだけで他者よりも良い評価を受けられます。

元気に働けなくなった時の後ろ盾がない

フリーランスと会社員で待遇が大きく異なるのは、病気や怪我をして働けなくなった時の待遇です。

会社員であれば、加入している健康保険から傷病手当金や介護保険手当の給付を受けることが出来ます。

また、会社員は仮に失業した場合は失業手当という形で前職での収入に対して一定のお金を手にすることが出来ます。

年金制度に関しても、会社員は国民年金保険と厚生年金の2階建てで退職金制度がある会社が多く自分が特に何もしなくても長く働き続けることで手厚い保障で守られます。

フリーランスは会社員の様に定年退職の制度はありませんが、年金制度は国民年金保険のみで、それ以上の保証を望むのであれば、自分で小規模企業共済に加入して能動的に自分の将来に備えていなければなりません。

フリーランスには全ての知識が必要

フリーランスになれば、本業の他にも沢山の心配事が出てきます。

会社に勤めている場合は、自分の仕事の範囲のことをこなしていれば給与が貰えます。

一方でフリーランスになれば、本業の他に自分で確定申告を行い、住民税・所得税・国民健康保険や国民年金保険等の社会保険料を自分で納付しなければなりません。

特に税金の計算は、簿記の知識があれば自分でも出来ますが、業務の煩雑さを考えて税理士の先生と契約を行い帳簿付けを代行してもらっている方も多い様です。

業務委託契約を結ぶ場合も、法律に対して正確な知識がないと自分が圧倒的不利な条件で契約を結ばされる可能性があります。

会社に勤めていれば、皆が得意なことを分担して利益を残していけます。

フリーランスは得意なことも苦手なことも自分だけで解決させる力が必要になります。

スポンサーリンク

多くの人にとってフリーランスで生きることは難しい

私個人の結論として、フリーランスとして生きることは世の中の大多数を占める普通の人にとっては困難な道ではないかと思います。

現在の日本で言えば、自分の専門分野で圧倒的なスキルと成果を残せるか、それまで本業としてきたことでFIREを達成した人が、資産をゆっくり取り崩しながら好きな仕事でお金を稼いで資産減少のスピードを遅らせるといった生き方が出来る人以外は会社勤めの方が幸せになる確率が高いです。

 

スポンサーリンク
副業・独立開業
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました