オウンメディアを作るあなたを助けるブログ

ブログビド

未分類

macOs Hogh Sierraで管理者権限を復活させる方法

初MacBookと言うこともありなんとなく本名で登録してしまった。

人目に本名が触れるのが嫌だな〜と避けたいので軽い気持ちで変更した。

ここで、問題発生!

なんと管理者権限が無くなって一般ユーザーになってしまった。これでは、自分のPCなのに全ての権限が無いという間抜けな状況になってします。

あまり、こんな事をする方はいないと思いますが、もし同じミスをしてしまった方に向けて備忘録として記事を書きたいと思います。

新しい管理者権限ユーザーを作る

私が問題を起こしてしまった時のMacBook環境は以下の通りです。

背面のリンゴが光る最後のMBAなので凄く気に入っています。

ユーザーを作る手順

管理権限者モードを起動する手順を記載します。

一度PCをシャットダウンする。

command + シフト+ エス の3つのキーを押しながら起動。(シングルモード or Verboseモード)

以前まで、管理者権限の有った一般ユーザーのパスワードでログイン。

すると背面が黒に英語の白文字の画面が現れます。

一通り画面が動いて、CUIコマンド打てる画面になったらエンターキーを押して、#root になったのを確認後下記の3つのコマンドを入力する。

 /sbin/mount -uw / #ファイルシステムへアクセス可能に変更
 rm /var/db/.AppleSetupDone #セットアップ完了ファイルを削除
 reboot #再起動

流れを読めば分かるように、システム操作を可能にした後、MacBookを購入した際の初回セットファイルを削除することで再度権利者ユーザーを登録する操作をしているという理屈です。

reboot は、再起動コマンドなのでログイン画面が出たら再度一般ユーザーとなってしまったアカウントでログインします。

そうするとユーザー登録画面に移動するので初期設定時と同じ様に前回と違うユーザー名で新しいユーザー名を登録する。

全ての登録が完了したら、新しいアカウントでログインします。

本来のアカウントに管理者権限を戻す手順としては、「メニューバーのリンゴマーク・システム環境設定・ユーザーとグループ・鍵マークでロックを解除・元のアカウントをクリック・このコンピュータの管理を許可」で完了です。

ここからは、新しいアカウントがいらないのであれば、削除してもいいですし、ユーザーを使い分けるのであればそのままにしておいても大丈夫です。

-未分類

Copyright© ブログビド , 2019 All Rights Reserved.