Mixhostの退会方法と解約する前に確認べきこととは?サーバー乗り換えのリスクについても検証

スポンサーリンク

今回は、ブログ開始当初から利用していたMixhostを乗り換えることに決めましたのでなぜ他社サービスの利用を検討したのか?

乗り換えの前にすべきことについて記事をまとめました。

POINT
  • ・Mixhostを乗り換える前に出来ること
  • ・私がMixhostに耐えられなかった訳
  • ・サーバーを乗り換えるリスク
  • ・解約手順について

この記事は4つのポイントでお送りします。

スポンサーリンク

Mixhostの解約

あなたがMixhostを解約を検討していると思います。

私も使っていたからわかるのですが、MixhostはPVが多いサイト運営者が安心して使うには気がひけるいくつかのポイントが存在します。

  •   サーバー障害が多すぎる・時間帯によってサイトが重くなる
  •   アダルトサイト運営以外であれば他社を使っても同じ
  •  サイトコンテンツのバックアップは完全ではない
  • ユーザーサポートがメールのみ

サイトにアクセスが少ないうちは、コンテンツの表示スピードやサイトの重さなどはあまり気になりません。

ただ、サイトにアクセスやPVが増えてブログの運営が本格化すると記事を思うようには執筆できないことなどはかなりのストレスになります。

サーバーの契約期間が沢山残っている場合はマイグレーションを試そう

サイトの乗り換えをしたいけど、契約期間がまだ残っていて、2重にサーバー費用を払いたくない

そう思うっている方にオススメしたいのは、サーバーのマイグレーション依頼です。

マイグレーションとは、Mixhost内での格納サーバーを移動してほしいと申請を出すことです。次に割り当てられるサーバーは指定出来ませんが、アクセスやデータベース障害が頻発する場合で契約期間の残存日数が多い場合は試してみる価値はあります。

手順は、こちらの記事をご覧下さい。

サイトのバックアップは完全ではない

私が、Mixhostの契約を更新しないと決心したきっかけは丸2日近くサイトにアクセスが出来ず、サーバーのHD故障ということでサイトのデータが1週間近く書き戻されたことがきっかけです。

バックアップを取っていても、そのデータが複数箇所に保存されていなければ、意味をなしません。

Mixhostを続ける・他社サーバーに乗り換えるいずれの選択をしたとしてもサーバー側のバックアップを信頼しきるのではなく、プラグインで独自にバックアップを定期的に取らないといけません。

ブログの記事は、自分の時間と労力をかけて作った財産です。本当に大事なものであれば、他人に全てを任せるのではなく自分の手で守る力も必要だと私は思います。

サイト乗り換え前に確認したいこと

Mixhostは辞めるにしてもあなたはサイトのコンテンツを乗り換えさせるスキルがありますか?

MixhostからConoHa WINGにサイトを引っ越した私がサイトを引っ越しさせるリスクと得られることについて経験談と感じたことを書きます。

サーバー乗り換えのリスク
  • コンテンツが上手く移らない可能性
  • 手順や日程を間違えるとコンテンツが消える
  • サーバー費用の2重払いによる金銭的負担の増加
サイト乗り換えで得られるもの
  • 乗り換えに関する知識やスキルの習得
  • 引っ越ししたことをコンテンツ化出来る
  • 自分が納得した環境でのサイト運営

サーバーの解約前には絶対サイトコンテンツのバックアップを取りましょう。

バックアップとしては、画像・テーマ・プラグインと記事(SQL)です。

プラグインが簡単ですが、FTPとPHPmyadminのどちらからでもバックアップは可能です。

新しい乗り換え先サーバの検討方法ですが、価格的制約がある方は別ですが基本的にはConoHa WINGがエックスサーバーを利用することをオススメしたいです。

エックスサーバーはほとんどサーバーダウンをしたことがありませんし、ConoHa WINGもトップブロガーが利用しており大規模障害は近年発生していません。

サーバーは長期契約するほど割引率が高くなりますが、基本的には1年契約で更新することをオススメしたいです。

サーバーの世界は日進月歩で進んでいるんで今安定していても将来も安定している保証はどこにもありません。

長期で契約していると万が一サーバーに不満が出てもそう簡単には乗り換えができなくなります。

スポンサーリンク

MIxhostサーバーの解約手順

Mixhostは残念ながら、契約期間の残存による返金はありません。

解約に関する手順は3つでした。

  1. Mixhostのサイトにログイン
  2. 解約申請をして理由を記入
  3. 解約の申請済みの確認・メールの受信
スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました