MT4で行う自動売買とは?トレード環境の構築に必要なサービスについてまとめてみた

スポンサーリンク

今回は、先日の という記事に引き続きFX市場における自動売買環境を構築する方法について解説していく記事となっています。

スポンサーリンク

そもそもMT4って何なの?

MT4は、Meta Trader 社が提供するFX(外国為替証拠金取引)のツールです。 MT4では、一般的なチャート描画は当然として、様々なトレーダーが創意工夫を続けて開発したインジケーターやEA(エキスパート・アドバイザー)というプログラムを組み込む事によって自動売買が可能になるなど多くのトレーダーがその機能の高さに魅了されているツールです。

海外の会社が開発しているツールだけど言語は日本語で利用できるので心配はいらないよ!

インジケーターはトレーダーの相棒

インジケーターは、MT4の標準機能では物足りない機能を補うことも可能な便利なツールとなります。 代表的なインジケーターを紹介すると、「MT4を日本時間表示に変更する・ポジションを一括決済する・重要な経済指標をチャートに表示する」など細かく調べたりする事が面倒臭いことや人間の反応速度では決済できない瞬間での利益を確定するなど上手く活用する事によって投資パフォーマンスの上昇を期待できる便利なツールです。

インジケーターには、無料のものから有料のものまで様々な種類が存在するみたい。
インジケーターは、とても便利であれも良いこれも良いと目移りしがちだけど何でもかんでもチャートに表示させると迷いを生じさせやすくなるよ。 あくまで自分のトレード戦略の補助の一つとして足りない部分を補う形でシンプルに使うことをオススメするよ。

EAはMT4で動く自動ブログラムのこと

FXの世界に1度足を踏み入れたことがある方なら知っているかも知れませんが、MT4では自分の裁量を完全に排除(自己裁量0)でトレードする方法が存在します。 それは、EA(エキスパートアドバイザー)と呼ばれるプログラムをMT4に設置することで、寝ている間も遊んでいる間も仕事をしている間もプログラムの内容に基づいて淡々とトレードをしてくれるという投資が可能となります。

だからと言って放置していればお金が稼げるというほど投資の世界は甘くないよ

継続的に勝てるEAは、星の数ほどもありそうなEAのごくごく一部であり、どの様な相場でも勝てるというEAは存在しません。 当たり前のことですが、それぞれのEAは作成者が想定した相場環境で利益が出せる設計がされているので今の相場がどの様な環境にあって、今後どうなりそうか判断できるレベルになければ継続的に稼ぐことは難しいです。  

短期的に勝つことはリスクを度外視すれば簡単だよ。結局相場は上か下かの確率2分の1だからね。   でもリターンを追い求める投資はどうしてもギャンブルトレードにな理がちで口座の破綻リスクが高いからあまりにオススメしたくないね。
スポンサーリンク

MT4の自動売買に必要なもの

引き続きMT4のEAを用いた自動売買に興味がある方に向けて、取引環境を構築するために必要なものを紹介していきたいと思います。

MT4で自動売買を構築するために必要なものは以下の通りだよ。   ❶Windows環境で操作できるPC ❷24時間相場にアクセス出来るインターネット環境 ❸EAプログラム
意外と少ないね。一つずつ見ていくね。

Windows環境で操作できるPC

MT4は、一部Macで使えるモデルも存在していますが基本的にはWindows環境のPCで稼働するプログラムです。 自宅の環境で完全無裁量の自動売買を目指すのであれば、PCを平日24時間ずっと稼働させておく必要があります。  

自宅PCで自動売買をする場合は、MT4専用のPCを1台用意して消耗品と割り切って運用しよう。   ネットサーフィンをするPCで自動売買を行うと動作が重くなったり、PCがフリーズすることで折角のチャンスをみすみす見逃す可能性があるよ。

24時間相場にアクセス出来るインターネット環境

MT4で自動売買するためには、24時間インターネットに接続し続けられるインターネット環境が必要となります。 方法としては、自宅に24時間繋がるインターネット環境が設定するかVPSサービスと呼ばれるMT4専用のサーバーサービスを月額契約して運用するという2通りの方法があります。  

自宅のMT4自動売買の特徴   ・VPSサービスを利用するよりも安価(運用コスト)が安い ・外出時の火災リスクがある ・災害など突発的なリスク対応は難しい   といった特徴があるよ。
VPSを利用したMT4自動売買の特徴   ・VPSサービスを利用するコストがかかる (月額1,500円 〜 3,000円) ・火災や突発的な災害などのトラブルに強い ・リモートデスクトップを活用すれば外出先のPCやスマホなどからも気軽に設定変更が出来る

コスト面では、自宅PC環境が優勢で火災などのリスクや出先での設定変更などの利便性の視点からみればVPSサービスを用いた環境に軍配が上がります。

私は一人暮らしで家を空けることが多いのでVPSを用いた運用を行なっています。   ご家族がいる方で大体いつも誰かが家にいる方は自宅PCでの運用も十分に可能な範囲ではあると考えられます。

EA(エキスパートアドバイザー)

EA(エキスパートアドバイザー)は、投資手法をプログラムに落とし込んだものです。 数万円の有料EAから無料EAまで世の中には沢山のEAが存在しています。 EAを運用する際には、開発者が公表しているバックテストの結果とは別に自分が運用しようとしている取引環境でテストしてみる事が大切です。 バックテストが必要なのは、EA開発者がプログラムを過度に最適化している可能性があるからだよ。  

・勝率より利益率を見る ・ドローダウン率は低い方が良い ・バックテストの期間は長い方が良い ・試行回数は1,000回以上が最低条件   というポイントが重要なポイントだと良く言われているね。
スポンサーリンク

努力しないで勝つ方法はない

私は、自己裁量でもトレードしていますが長期的に利益を残せる手法をまだ編み出すことはできていません。 そこで、自己裁量とは別にMT4を用いた自動売買を投資の新たなポートフォリオに加える事で資金の分散化とあわよくば長期的に利益を出せる仕組みを作りたいと考えています。

自己裁量は、その時の感情や状況でどうしても運用にブレが生じてまったり、どうしても自分の好きなの型があるよね。

相場が自分の手法と合致しているときは利益を残せるけどトレンドが変わると利益を残せなくのが裁量トレードです。

裁量トレードとは別にMT4自動売買(EA)で自分が出来ないFXの手法を組み込む事で相場の変動リスクと運用のブレを分散をするってことね。

最後になりますが、自動売買はほったらかしでお金を増やし続ける事が出来る魔法の道具ではありません。 自動売買で長期的に利益を残し続けている投資家の情報発信をみて運用のコツを研究したり、優秀なEAも自分の口座ではリスクに耐えられないと最低限判断できる知識も必要です。

今後も優秀なトレーダーのトレードを分析して自分なりの運用をブログで発信していこうと考えているよ
スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました