ユーザービリティーの高いブログやメディアの条件は読者への価値提供が必要

スポンサーリンク

こんにちは。

ブログでファイアの管理人のRAKIです。

今日は、ユーザービリティーが優れるブログ・メディアとはどういう特徴を持つのか個人インフルエンサーや企業メディアの特徴から考えて見ました。

スポンサーリンク

ユーザービリティーの向上

30代の私が子供の頃、まだまだインフラとは呼べなかったインターネットの世界もガラケーやノートパソコン・スマホのCPU性能やディスプレイ・通信網の強化を受けて国民の誰もがアクセス出来る世界になりました。

インターネットの普及に伴って台頭して来たのが、YoutubeやTwitter・インスタグラムなどのSNSと手軽にお得な情報を得られるウェブメディアです。

人が集まるところにお金は集まるということで大企業・個人事業主・副業会社員などが個人メディア(オウンド・メディア)を作る流行の流れが起きています。

今回は、当サイトも含めて他サイトの差別化の方法と使いやすサイトの特徴について分析して見ました。

情報の網羅性と専門性が重要

 

ユーザービリティーを考える上で重要なことは、自分のメディアが誰にどの様な事を伝えたいのか明確に決める事だと考えます。

個人の零細メディアが生き抜くためには、大手メディアと同様に大量のコンテンツを作る資本力がないのが現状です。

情報の網羅性=自分のメディアで読者の知りたいコンテンツを用意する

情報の専門性=用語の定義や公式サイトのコンテンツ転記ではなく、使用感のレビューや文献の深堀など記事は少ないけど密度の濃いコンテンツを目指す。

自分のサイトを特定分野に特化させてコンテンツを作り、YoutubeやTwitterなどで発信して自分のメディアの分野と特徴を認知してもらうのが2021年現在では最も効果的です。

コンテンツを絞る事で興味が集中しがちな現代人にも興味を持たれやすいサイトになるよね

絶対数は少なくても固定ユーザーを獲得出来るかが重要だと思えるね

 

サイト運営者の役割

サイト運営者の役割は情報の波から必要な情報を抜き取って必要なユーザーに情報を届けることです。

自分のサイトのユーザー属性はサーチコンソールで

自分のサイトのユーザーは、どういう方かきちんと分析していますか?

集客手段によって一概には言えませんがここでは、最もオーソドックスな集客方法であるサーチコンソールを例に上げます。

サーチコンソールは、Googleが提供するサービスであり自分のサイトのインデックスされた記事がどう言った検索クエリで表示されてどれくらいクリックされているのかがわかります。

自分の意図したワード以外でもクエリでは思いがけないワードがあったりするので定期的に自分の運用方針とユーザーのキーワードを照らし合わせることで運営者とユーザーの思惑を一致させやすくなります。

サイトにあった書体を

コノハウイングでは、文字書体を選ぶことが可能です。

サイトの雰囲気に合致した書体を選ぶことでユーザーへのストレスや違和感が減って滞在時間の向上に役立ちます。

検証方法としては、一定期間期間を区切ってaBテストをするのが良いのではないかと思います。

ただ、アクセスは必ず一定という訳でも滞在時間の長さが必ず文字を変えたことに由来する訳ではありません。

後発者の優位性を最大限に活かしたいので有れば、先行者のメディアをみてどの様な書式を使っているのか検証してみるのも面白いと思います。

スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました