副業する人は専用のスマートフォン2台持ちオススメする理由3選【身バレ・誤爆防止】

ブログ運営・体験談
スポンサーリンク

こんにちは。

ブログでファイアの管理人RAKIです。

政府の後押しもあり副業への取り組みが広く推奨される世の中になってきました。

また、ブログやYoutubeといったオウンドメディアに留まらず、インスタグラマーやtiktokなどのインフルエンサーが活躍する時代がますます加速する予想がされています。

そんな中で本業の自分と副業をしていく上動画撮影をしたりSNS運用をする上で欠かせないデバイスがスマートフォンです。

今回の記事では、本業と副業のスマートフォンを分けないことで起こりうるリスクと一つのスマートフォンで運用する場合のポイントについて記事をまとめました。

管理人は、副業専用のスマートフォンと回線を持つことをオススメしてます。

スポンサーリンク

副業専用の携帯やスマホを持つべき理由2つとデメリット1つ

副業を始めると、外部サービスの登録や集客目的としてSNSの運用を始める必要があります。

セキュリティの観点から本人確認の認証としてSMS(携帯電話番号)を使うことも多いです。

ただ、本回線を副業に併用すると意図しないところで身バレや知られたくなかったことを知られてしまうリスクが存在します。

私が副業専用の携帯やスマートフォンをオススメする理由は以下の通りの理由があります。

  • 副業収入を得た際の確定申告の際に経費計算が簡単・本回線と副回線に分けることでSNSやLINEへの誤爆を防ぐ
  • 副回線を持つのであれば本回線と別のOS端末を持つと収益メリットやコンテンツ作成に役立つ

    ただし、パートナーと同居している場合は理解を得るのが難しいかも(浮気を疑われる)

副業収入を得た際の経費精算が簡単

課税所得=収入ー経費

副業専用の携帯を持つことのメリットの1つ目は、収入を得た時の経費精算が容易になるからです。

会社員(サラリーマン・サラリーウーマン:以後は会社員と表記)が副業を行い20万円以上の所得を得た場合、確定申告の義務が生じます。

会社員であると給与は税金や社会保険料を控除してから支給されるので意識しないかもしれませんが、所得とは、収入から経費を引いた金額の事を言います。

副回線がなくても、本業と副業での使用時間等で家事按分が出来ると言われていますが、個人的にはキッパリ分けた方が気持ちが良く経費的にも分かりやすくなるのでオススメしたいところです。

ただ、複数端末と複数回線を持つので一つで運用するよりコストがかかることはデメリットになります。

本回線と副回線の使い分けでSNSやLINEへの誤爆を防ぐ

家族や友人・パートナーと普段連絡に使っているスマートフォンで副業する際に一番気をつけなければならないのは、身バレをしない様にするという事です。

一つのスマートフォンでも、SNSごとに複数アカウントを使い分けたりLINEアカウントを複数持つ方法が存在します。

最近のSNSは新規アカウントを作るときに、自動的にスマートフォンの電話帳と連携する機能が搭載されています。

よく説明を読まずに、アカウントを作成してしまうと普段連絡していない知り合い・家族・友人・等々にSNSを始めたことを自動で通知・拡散してしまうリスクが存在します。

私もうっかりアカウントを作って連絡先同期をしそうになり肝を冷やした記憶があります

十分に注意を払っていても1台のスマートフォンでアカウント管理する場合メッセージを誤送(誤爆)するリスクは常にあります。

根本的にSNSやLINEで誤爆を防ぐ上で最も良い方法は複数のスマートフォンと回線を保有するである事に間違いはありません。

 副回線用のスマートフォンは本回線のOSとは別端末がオススメ

副業を本格的に始めると決意し、複数のスマートフォンの保有を決意するのであれば、本回線と副回線では別のOSを持つ事をオススメします。

具体的には、普段iPhoneを使っている場合はAndroid端末を使う、逆に普段Addroidを使っている場合はiPhoneを使うということです。

直接副業と直結する訳ではありませんが、OSを使い分けることのメリットは多くあります。

それぞの端末でしか使えないアプリを両方使える

キャッシュレス決済では、Androidもしくはiosのどちらかしかサポートされていないサービスを使える

といったものが代表的なメリットとなっています。

Andoroidとiosどちらも利用可

現在のスマートフォンに使われているOSは、Andoroidかiosのどちらかという事になっています。

Androidは、Googleが提供するオープンソースのOSであり、iosはAppleが提供しているAppleのiPhone/iPadに搭載されているOSです

メージャーなサービスで言えば、両方のOSで使えるサービスが多いですが、新しくリリースされたサービスでは、片方のサービスだけに向けたキャンペーン等が組まれている事が多いです。

新しく副業を始めれば、パソコンを新調したり本を買う・それまでの収益をもとにして自転車やカメラ・その他機材を新しく買う・格好良く言えば設備投資をする場面が出てきます。

日本政府や2021年の社会情勢も後押しする格好で、キャッシュレス決済が大きな広がりを見せています。

同じものを買うにしてもどのサイトを使う・キャンペーンを知っていて活用するかどうかで大きな差が出てきます。

特に副業をしている様な人であれば、お得な買い物を実践してその内容をブログやインスタグラム・Youtube等で発信するコンテンツとなるので一石二鳥の方法となります。

2回線持ちにはパートナーには理解をもらう必要

スマートフォンと通信回線を2台持ちをする場合の最大のネックは、奥さんや旦那さん・彼氏・彼女といった家族やパートナーに有らぬ疑いをかけられる事です。

一般的な考えで言えば携帯電話は1回線あれば十分という価値観があります。

わざわざ2回線持つのはスマートフォンのテザリングをモバイルWiFiの代用としていたり・サービスを利用して体験談を書くライターなどでコンテンツを作る人がほとんどなのが現実です。

パートナーに相談なしにスマートフォや回線の契約を隠し持つと浮気をしていることや何かやましいことをしていると勘ぐられたりする可能性があります。

同居や同棲している人はきちんとパートナーに相談した上で理解を得るか、細心の注意を払って主回線で複数アカウント運用する様にしましょう。

スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました