AddQuicktag2.6.0で設定とインポートが保存できない不具合が発生した場合の解決方法

ブログ運営・体験談
スポンサーリンク

こんにちは。

ブログでファイアの管理人です。

HTMLタグのソフトで有名な「AddQuicktag」のプラグインですが、アップデートをすることで新しい設定の保存や別バージョンからのjsonファイルをインストール出来ないという不具合が発生している様です。

この記事では、過去バージョンでインストールすることによってこの問題を解決出来ましたのでその際の処理を記録に残しました。

同じ手順をして必ず処理が上手く行く保証はないので、実施前には必ずバックアップの保存と自己責任での実行をお願いします。

スポンサーリンク

AddQuicktag2.6.0で不具合が発生

AddQuicktagは、久しぶりにバージョンのアップデートがあり、自動更新をした方も多かったのではないでしょうか。

ただアップデートすることによって以下2点の不具合発生が報告されています。

  • 新しいタグの保存が出来ない(登録タグ消える?)
  • 過去バージョンからアウトポートしたjsonファイルのインポートが出来ない

この問題を解決する手段としては直近まで、正常動作していたバージョンまで遡ることで回避できるのではないかと考え実行しました。

AddQuicktagの過去バージョンをインストール

aqqQuicktagの過去バージョンファイルは開発者用の場所でインストール出来るので所定の場所までダウンロードしに行きます。

まずは、プラグインからaddQuicktagを選択して詳細を表示させます。

次にWordPressプラグインページをクリックします。

詳細を表示をクリックします。

上記の画面になるので、過去バージョンがインストール出来る場所まで画面を下にスクロールさせます。

上級者向け設定から過去バージョンで最も新しいバージョン「2.5.3」を選択してダウンロードボタンをインストールします。

ファイルがダウンロードフォルダ等に落ちて来ますので、このファイルをWordpressのプラグインフォルダ等にアップロードします。

プラグインからアップロード

 

ダウンロードしてきたファイルは圧縮されていないので、フォルダを右クリック等でzipファイルに圧縮します。

その後は、プラグイン追加から新規プラグインをアップロードをクリックして先程圧縮したファイルをアップロードします。

この後プラグインの画面でバージョンが戻っていれば成功です。

FTPソフトでファイルをアップロード

同様にFTPでサーバーでファイルを置き換えても同じ処理が出来ます。

WordPressがダウンロードされているディレトリまで移動して、圧縮されていない「addQuicktag」のフォルダをアップロードして同名のファイルの置き換えをすればバージョンが過去に戻るはずです。

この後、タグの保存が出来るようになっていれば問題解決です。お疲れ様でした。

バックアップファイルの戻し方

最後にバックアップファイルのインポートを補足します。

方法は、AddQuicktagの設定からファイルのインポートを選択して、jsonファイルを選択してファイルのインポートです。

この方法で上手くいけば幸いです。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました