6gramリアルカード登場で実店舗でも最大3%以上のポイント還元が可能に【TOYOTA Wallet】

ブログ運営・体験談
スポンサーリンク

2021年5月28日に、ポイ活界隈で人気の6gramカードでリアルカードが発行されることがmixiの公式から発表されました。

6gramカードは、高還元率のクレジットカードとTOYOTA Walletの1.5%を組み合わせることでインターネット上のオンラインショッピングでは、既に3%超えを出来ることで有名です。


今回は、リアルカードがいつから発行可能なのか、使い道についても検証して見たいと思います。

スポンサーリンク

6gramリアルカード

6gramリアルカードは、スケルトン仕様というかなり個性的な仕様であることが判明しました。
ナンバーレスカードでセキュリティーコードやカード番号がないためインターネットショッピング等にリアルカードは使えない模様。

POINT
  • ・リアルカードに発行手数料はかかるのか
     期間限定600円・通常は800円と判明
  • ・3Dセキュア機能は搭載されるのか
    残念ながら非搭載・・
  • ・ICチップ付きのカードなのか
    → ICチップは付く
  • ・カードブランドはVISA
  • ・有効期限は3年間

6gramと同様のサービスとして、Kyashリアルカードが存在します。
Kyashカードの場合は、発行手数料がかかる代わりに登場した当初は、1%還元でしたが利用者の増加を受けて還元率が0.2%に引き下げられた経緯がありました。

いくら還元率が高いリアルカードが作れるといってもリアルカード発行に数百円から1,000円程度のお金がかかってしまうと結果的にあまり得をしていないという状況になってしまうことも十分に考えられる訳です。

リアルカード発行手数料は、期間限定で600円・通常時は800円と判明しました。
Twitterでの利用者同士のポイントの投げ合いで無料招待を受けることも可能な模様。興味のある方は試してみて!

方法は上記ツイートがわかりやすかったので引用させていただきました。

次に3Dセキュア機能は、登場時点では未搭載の模様。

ただ3Dセキュア対応も考えている様なので気長に待ちましょう。

ポイ活で人気のQR決済やモバイルSuicaのチャージには3Dセキュア機能の搭載が求められることが多くなっています。

モバイルSuicaのチャージの3Dセキュアが必須になる中で使えるカードは何か
2021年5月10日より、モバイル向けSuicaへのクレジットチャージには3Dセキュア機能が必須となりました。 モバイルSuicaへのチャージルールが変更 従来モバイルSuicaでは、POSA・クレジットカード・プリペイドカード問わずチ...

最後は、ICチップが付くのかどうかという点です。

ICチップは、現在発行しているクレジットカードであればほぼ全てに付いています。

現在のクレジットカードで決済する時はほとんどの読み取り端末はカードを差し込んでICチップを読み取り、暗証番号を入力・照合して決済するという流れです。

ただ、6gramのサービスは、プリペイド式の決済サービスであり、リアルカードにICチップを付けるにはコストがかかります。

仮に6gramリアルカードにコストの関係でICチップが搭載されず磁気ストライプのみの利用だと使用後のサインが必須・磁気不良へ等が懸念点として考えられます。

6gramリアルカードには、ICチップ搭載ですのでクレジットカード同様の機能性で利用可能です。

6gramリアルカードの申し込みは6月8日以降

 

6gramのリアルカードの発行はいつからでしょうか?

現状のデータを見る限りは、次回のアプリケーションアップデートの6月8日以降に申し込みフォームが現れる可能性が高いです。

追記:アプリケーションを最新版に更新することで申し込みは可能になることが確認できました。

その他新機能に期待されることは?

6gramユーザーへのアンケートとしては、JCB以外のVISAブランドへの対応やタッチ決済機能を求める声が大きいようです。

追記:6gramリアルカードのクレジットカードブランドはVISAでタッチ決済機能が搭載されることが発表になりました。

サービスの廃止や変更も

6gramリアルカードの発行は喜ばしいことですが、同時に気になる変更も舞い込んできました。

  • バーチャルカード発行2枚目以降有料化
  • セブン銀行からのチャージの廃止

バーチャルカードを用途によって使い分けしたり、多数のカードを発行して券面を変えている方は2枚目以降のバーチャルカードにお金を払いたくないのであれば早めにカード整理に動いたほうが良いかもしれません。

有料カード1枚当たりいくら費用がかかるのかは2021年5月28日時点では未定です。

詳細が分かり次第追記したいと思います。

バーチャルカードの発行2枚目以降はJCB/VISAいずれかの選択制で、一枚あたり100円の手数料がかかります。

サービスとして存続していく上では、何か新しいことを始めれば当然採算の合わない物は無くなっていく可能性が高いです。

今使える手段の最善を模索しながら6gramと上手く付き合っていきたいですね。

6gramは招待制のサービス

6gramは実は誰でも使えるサービスではありません。一時期話題となったクラブハウスのように招待された人しか使えません。

6gramはどうすれば使える?
既存のユーザーから招待を受けて初めて利用が可能なサービスです。

TOYOTA WalletからのチャージはApple pay

 

6gramへのチャージにはApple Payが対応しています。TOYOTA Walletからチャージする場合はこのルートを辿ります。

6gramに紐つけで人気のクレジットカード

6gramにTOYOTA Walletを経由して紐つけるカードとして人気なのは、日曜日は還元率が1.5%になるTカードprimeやエポスゴールドカードといった高還元率カードのようです。

エポスゴールドの選べるショップでMixiを直接選択すれば1.5%還元です。

3%以上を取れるケースは、エポスゴールドの年間決済が100万円を超えると10,000ポイントが貰えるので実質的に+1%還元とエポスゴールドをTOYOTA Walletにチャージした0.5%還元とTOYOTA Wallet 1.5%還元を組み合わせた数字です。(1%+0.5%+1.5%)

私はKyashカードは保有しておりませんが、経由すれば+0.2%のポイント還元を上乗せできるそうです。

最大還元率を狙わないのであれば、1%還元率でもTOYOTA Walletと組み合わせれば2.5%還元は狙えると思います。

【インビ体験談有】エポスゴールドカードは年会費永年無料で最高2.5%還元のクレジットカード

【インビ体験談有】エポスゴールドカードは年会費永年無料で最高2.5%還元のクレジットカード
こんにちは。 ブログでファイアの管理人です。 今回は、コストパフォーマンス最強と名高いエポスゴールドカードのインビテーションを取得できましたので、条件と私の属性決済に用いるタイミングなどについて記事をまとめていきたいと思います。...
スポンサーリンク
ブログ運営・体験談
スポンサーリンク
RAKIをフォローする
ブログでファイア

コメント

タイトルとURLをコピーしました